tearsのブログ

22年後、既婚の私と未婚の彼は恋人になりました。

朝。

朝、目が覚めると隣にダンナが寝てた。

普通の夫婦なら当たり前なんだろうけど。

生活リズムが違い、何処でも寝ちゃうダンナは

ソファーで、私はベッドで寝るのがいつも通り


そろそろ寒くなって来て布団を求めに来たのね


寝顔のダンナを見て


『彼だったらな。』

って自然に思ってた。。。ごめん💦ダンナさん



昨日の電話、取り留めのない話をしてたら

『お前には家族がいるから、そばにいる人がいるから。いいよな。』


…………???


どーゆーコト???

どんな返事を期待してるの???


そばに居てくれる人を選びたいの?


私にそばに居て欲しいの?

全てを棄てて、責任放棄し罪悪感を背負う

私を受け入れる覚悟ができたの?


ズルくて自分勝手な言葉が頭の中

グルグル回る。。。


でも、絶対口に出しちゃいけない。

グッと堪えて飲み込んだ。。。



やっと出た言葉。


『貴方の最期の時は私はそばに居たいから。

最期はそばに居させてね。』


再会して、恋愛に変わり

叶えられない夢を想像しあい、

いつか訪れる本当の最後のお別れ。

私の最期には多分家族がそばにいるから。


貴方には私しか居ないからね、だからその時はそばに居させてね。って……。


あの時の台詞を話すのが精一杯だった。


普段は寂しい、会いたいと絶対言わない彼の

何の気なしに出た心の声だったのかなぁ。。


私の事、ちゃんと思っててくれてるよね?


『愛してるよ。愛してるから。』


やっと聴けました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


待ち望んだ言葉です(*≧∀≦*)



反応できない私に

『今、歯食いしばって顔真っ赤にして、泣きそうにしてない?』

……何処かで見てますかΣ(゚д゚lll)



昨夜のコトを思い出し、

レスと言えどもダンナが横に寝てる。。。


何処かで見てませんよーに(ーー;)